代表挨拶

ボーダレス経済の「道しるべ」企業として。

2022年のご挨拶

株式会社アロワーズ 代表取締役 大塚昭彦

「企業価値を高めるデザイン」と「働き易いレイアウト」を「低予算で作る」
「お客様に寄り添い、共にアイデアを出し合って二人三脚でデザインをしていく」
 
弊社は内装工事業者としてオフィスを中心に20年間、この考えの元で約5千5百社のオーダーメイド設計をして参りました。
改めて昨年創業20周年を迎えることが出来たこと、関係各所の皆様に深く感謝申し上げます。
 
さて、昨今オフィスの存在価値が問われています。
AIに置き換わる作業、リモートワークでも出来てしまう仕事、これらが増えることは時代な流れであるからです。
オフィスの床面積も緩やかに減少していくでしょう。
 
しかしだからこそ、私達はオフィスを、そして働くということを柔軟に考え、提案していきたいと思います。
 
”働く為だけではない、遊び心のある空間”
”時間を使っても来たくなる場所”
”わいわいガヤガヤしてるうちに、自然とアイデアが浮かんでくる仕掛け”
 
2022年、私達は内装設計・内装工事を軸に、不動産、建築分野にも進出いたします。
空間(内装)、場所(不動産)、仕掛け(建築)は、これからのオフィスを考える上で必ず相互に影響しあう分野だからです。
 
本年も時代への挑戦者であることを忘れず、これまで培った設計技術と施工実績、そしてお客様から長年評価頂いているスピード対応力を活かし、内装業界、不動産分野、建築業界で新たな挑戦をしていきます。

株式会社アロワーズ 代表取締役 大塚昭彦